福祉住環境コーディネーター ユーキャン講座

福祉住環境コーディネーター ユーキャン講座

福祉住環境コーディネーターのユーキャン講座について調べてみることにしました。福祉住環境コーディネーターというのは、身体障害者や高齢者など、体の自由が利かない人とその家族の人が暮らしやすい家を作るための知識を持った、福祉住環境に関するプロフェッショナルです。福祉と名前についていますが、福祉や介護の知識だけでなく、医療や保険、公的な補助制度、建築などの知識まで必要になるため、総合的な知識が必要な資格であるということがお分かりになると思います。

福祉住環境コーディネーターは何をする?

具体的には既存の住宅のリフォームに際して、家族構成やお年寄り、障害者の体の状態に合わせてアドバイスを行ったり、新築の設計段階でバリアフリーな建築になるように助言を行ったりするのがお仕事になります。また、福祉住環境コーディネーターが関わる現場では、自分のように総合的な知識を持った人ばかりがいるわけではありません。

むしろ、福祉や介護に関しては素人の工務店の営業さんであったり、設計士さん、そしてもちろん建築の知識すらない素人の依頼者などが同じものに対してそれぞれの意見を持ち寄ることになりますので、福祉住環境コーディネーターは全ての分野において専門の知識を持った唯一の人物として、それぞれの意見を総合して取りまとめていくような仕事もしなくてはいけないのですね。

ユーキャンで福祉住環境コーディネーター取得

福祉住環境コーディネーターはユーキャンでも資格取得講座を開設しています。

福祉住環境コーディネーターはユーキャン以外の通信教育の会社でも講座を開設されていますが、どうせならハードルの低いユーキャンを選ぶのがよさそうです。

福祉住環境コーディネーターなぜユーキャン?

福祉住環境コーディネーターはユーキャンで学ばなくても、独学でも学ぶことも可能ですが、先ほども言ったとおり、幅広い知識が必要とされる職業であり、資格でもあります。ですから、福祉住環境コーディネーターはユーキャンなどの通信講座で勉強をするのが、結局は一番の近道ということになるのではないでしょうか。

ユーキャンのメリット

福祉住環境コーディネーターをユーキャンで学ぶにあたってのメリットは、なんといっても添削が丁寧であるということでしょう。

テキストも大きな文字や図解入りで分かりやすいですし、試験対策の予想問題などもバッチリの内容が出ていると評判です。そこにきて分かりやすい添削内容といったら、福祉住環境コーディネーターをユーキャン以外で学ぶ気が起こらなくなってもむしろ当然と言ったところではないでしょうか。

タグ