ゆうちょ銀行 定期預金

ゆうちょ銀行 定期預金

ゆうちょ銀行定期預金を考えている方のために金利や利率、解約で必要な情報をご用意いたしました。郵政民営化後のゆうちょの動きにはかなりの期待があったのですが、そんなに変化はないみたいですね。でも、担保定期預金などの定期預金は、今の世の中とても魅力的です。ゆうちょ銀行 定期預金 金利について検証してみましょう。

まず、気になるのがゆうちょ銀行 定期預金の利率だと思います。利率のは2種類あります。

単利と呼ばれる:1ヶ月3年未満のもの

半年複利型と呼ばれる:3年、4年のもの

私が好きなのは半年複利型です。なぜかというと、複利の利子がなんと利子を生むのです・・・。すばらしいと思いませんか?^^

担保定期預金のメリットは、0.6%の高利率です(4年目以降5年目に限りですが!)

通常の定期預金が満期が4年であるのに対して5年と少し長めです。その分メリットがありますけど!

担保定期預金の利用上の注意について

普通預金の残高がない場合 自動的に貸付もしてくれます。

しかし貸付した場合には0.6%の約定利率に0.5%の利息での返済を求められます。この点には十分注意していきたいですね。

もしも(突然お金が必要になる)の時はいつくるか分かりません。

定期預金は、いつお金が下ろせるのだろう、その時手数料はかかるのだろうかと、考えた方もいらっしゃると思います。

もしものときは、自動継続タイプであれば中途解約という形で引き出せます。手数料もかかりません。

しかし、契約上・一定期間預けるという形になっておりますので、期間によっては普通預金よりも低い金利となる場合があるそうですよ。

突然お金が必要になるかもしれないと思われる方は、半年経てばいつでも引き出せる定額貯金貯金がよいと思いますよ。でも、利率はどうしても低くなります。

マル得メモ^^

毎週月曜日にゆうちょでは利率がきまるそうです。

タグ

2009年7月26日|

カテゴリー:ゆうちょ銀行 定期預金